わたしたちは、知って欲しいから

“24時間換気のたいせつさ”

おうちの空気はキレイだと思いがち

新築や改築したおうちに、いつからか設置されるようになった24時間換気システム。
スイッチ一つで、窓を開けずとも、室内と外の空気を循環させる設備です。
これは2003年の建築基準法によって、建てるおうちすべてに設置が義務付けられたから。
では、いったいなぜ法による規制が行われたのでしょう?
その答えは、シックハウス症候群の増加が問題となったからなんです。
機密性の高い新築に住み始め、人によって、不眠や頭痛、だるさ、喉の痛み、筋肉痛、微熱といった体調不良がでてしまう。こうした症状は、おうちの建材や家具から自然とでてくるホルムアルデヒドなどの有害物質が原因と言われています。充満させないように、しっかりとした換気が必要です。おうちの空気って、何もしなくても汚れてしまうんですね。
家族の健康を守るために、24時間換気システムのスイッチは常にオン!
これを基本にしましょう。

換気不良は、おうちの老朽化を早める?

24時間換気は、シックハウス症候群だけでなく、おうちの老朽化を防ぐためにも有効なんです。湿気の多い日本では、皆さんもご存知の通り、結露やカビが発生しやすくなります。機密性が高いおうちだとなおさらですね。寒い時期に窓を見ると、びっしりと結露ができていたり、おうちの北側や寝室、暖房を付けていない部屋にいつのまにかカビが!なんて経験はありませんか?
これらは建材や家具を傷める原因となってしまいます。さらに空気中に浮遊したカビを吸うことで、ぜん息などを引き起こすことだってあるんです。
たいせつな家族と、たいせつなおうちを守るため、結露と結露によるカビの発生を予防する24時間換気が有効なのです。換気口内部にある換気口フィルターの定期的な交換もお忘れなく。外気に含まれる排気ガスや粉塵、花粉などをしっかり取り除きながら、キレイな空気をおうちに取り込みましょう。

一覧にもどる